1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

コンサドーレ札幌が大好きです。 2010年3月からミニウサギ"うしゃ”を飼い始めました。2011年6月からは耳たれチワワの“よもぎ”が新加入です。


プロフィール

choro爺

Author:choro爺
生まれは室蘭、その後ずっと札幌
2010年4月 じじぃになる
大好き:だじゃれ、料理、コンサ、うしゃ、ヨモ
苦手:クエン酸の酸っぱさ
(食えんことはない)
大嫌い:ルーズ

さっかりん
北海道新聞
サッポロビール
コンサのオフィシャルパートナーです
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
15

Category: 日記

Tags: ---

Comment: 0  

もうSS席に行きたいなんて言わないよ絶対
カミさんが職場を訪れた生命保険勧誘のおばちゃんからタダ券をもらいました。
42通路61列55番というオープンスペースシート。
以前にSS指定席に座ったことはあるけど、それは遠い昔の事。
久々に座る席だったので、どんな雰囲気だっけとコンサHPをのぞいてみる。

HPいわく・・

サッカーをじっくり楽しみたい方にオススメの指定席。
2017シーズンより新設された指定席。上段のお席が特にオススメで、試合全体を見渡す事ができるためサッカーをより楽しむ事ができるお席です。



そりゃ真ん中だし高い位置なので、視野については最高だろうな。
でも、ちょっと高い位置なので、選手やドールズはちっちゃくしか見えないかな。
でも、試合に出ない選手たちが試合観戦する場所の近くだから、選手の顔がはっきり見れるな。
通路側の席じゃないから、トイレに立つ時に大変そうだから、試合前の用足しと試合中の水分補給には注意しなくちゃ。

体も心も準備万端整えて、久々にSS指定席に座ったのさ。
で、その感想を少し。

まず音が違う。
いつものサポーターゾーンよりゴール裏のチャントがいつもより小さく聞こえる。
音量的には決して小さくはないんだろうけど、なんかちょっとミュートがかかった感じ。
それにタダ券ブロックだったこともあるんでしょうが、まわりの応援がちょっと控えめ。
試合観戦に慣れてないかな、って言う感じです。

ここからはダメダメな点について。
試合前にはホーム不敗ってことで「今日も勝つのかな」「勝つんでしょ」「負けないみたいだ」などと話の内容が勝つこと大前提。
「ねえ、相手はガンバっていう現在、リーグ戦上位のチームだよ。それに日本代表や遠藤っていうすごい選手もいるし、失点なんかリーグ最小だってシッテンのか?」なんて口を挟みたくなるような話ばかり。
コンサが攻撃の時、チャントと共に手拍子が大きくなり始めるが、手拍子もなし。
先制点が相手に入ると、もうだめだなんて言うのが回りから聞こえてくる。
相手に2点目が入った後は、もう帰ろう、みんな帰り始めてる、あそこも席を立った、などと試合そっちのけで周りの観客の様子について話し始める。
アディショナルタイム5分もあるんだから、応援で2点ぐらい返すこと可能なんだよ!と心の中で大声を出しながら、ひたすら手拍子してたんですが、長いホイッスルが鳴ったとたんと、「前通ります。すみません。」と席を立ち始める。

負けて悔しいけど、いつかはホームで負けるっていうのあるんだから、しょうがねーじゃねーか。
悔しさを応援の声に変えるのに少々時間かかるから、試合後の悔しい余韻もゆっくり味合わせてくれよ。
なんて思いながら通路を空けていました。

この時、以前ラジオで熱心な日ハムファンのえのきどいちろうさんが
今年シーズン初めの連敗について「俺たちは結果のファンじゃない!」とラジオで話していた言葉が思い出されました。

勝っても負けてもコンサドーレというチームを応援してる、さらに試合だけを見て応援するファンじゃなくて、物心両面でチームと選手を支えるサポーターを自負している人にとってはSS席招待券ゾーンは決して居心地のいい場所ではなさそうです。
SS席に座るなら、少なくともシーズンシートの近くにするか、少なくともゴール裏の声やチャントがダイレクトに届く、下の席にすべきなんだということを強く感じた試合でした。

もうSS席の上部にはいかないと思います。


スポンサーサイト

10

Category: 日記

Tags: ---

Comment: 2  

カップ戦は戦えるんだろうか?
お久しぶりです。
まず謝罪も込めながら土曜日のお話。
というか、金曜日ぐらいからの心のつぶやき。

次はFC東京か。
2011年12月の最終戦、かろうじて勝って3位に滑り込んでJ1昇格を決めた試合しか勝った記憶ない。
相手には日本代表選手がいっぱいいるしな。
今期は大久保補強して優勝狙う気マンマンだしな。
現在も5位だし、強いよな。
仙台は浦和に7点取られたけど、同じことコンサに起きなきゃいいな。
勝つことはホント難しいだろうな。
負けるにしても得失点差の事があるから、ダメージを最小限に抑えれれば御の字だと思うな。
負けたくないけど負けちゃうのかな。
あーあ、応援いってもあんまり良いことなさそうだしな。
怪我人だって多いし、深井君はほんとついてないよな。
5年連続の長期離脱だもんな。
早坂が戻ってくるんだけど、どんな動きするんだろうか?
チームにフィットするってそれなりに時間かかるしな。
あーあ、負け試合見に行くって気が進まないよな。
でも年間駐車券無駄にするのもしゃくだし。
日曜日はブルーなんだろうな。
天気予報によると空はブルーだけど、心もブルーなんだろうな。
気温が少し下がるから、日曜日は心も寒くなるんだろうな。

なんてこと思ってばかりの土曜日でした。

1時間前にドーム入り。
試合開始5分後に東京の先制点。

あーやっぱりな。
チンチンにされなきゃいいけど。
それにしても中島翔哉っていいな。
23番が動くと連動してみんな動いている。
大久保だってワントップと思えないような後ろに下がる位置取り。
後ろでボールを受け、中盤に預け、そして自分はすばやく前線に上がり裏を狙う。
なんて素敵な動きなんでしょう。
それにその運動量ときたら。
とても4児のお父さんとは思えません。

てなことを考えながら試合を見ていました。
ところが、ところが、ところが・・・
終了前のジュリーニョ同点弾!
後半15分のトッくん逆転弾!
見事に2-1の逆転勝ち!

去年まではフッくんがコーナーキックの際、インナーパンツの裾を伸ばす動作をルーチンのようにしていたのですが、今年はあんまりしない。
今年はルーチンを変えたのかな、と思っていたのですが、この時は去年までの動作。
TV放映では映っていませんでしたが、現場ではしっかりこの動作をしていました。
実はこの動作をしたことでCKからの得点を予感。
フッくんがボールを蹴った瞬間に誰よりも早く「決まった!!」と大声を出したことが土曜日の自慢です。エヘン!

フッくん
インナーパンツ裾下げ動作、お忘れなく!

兵さんのスルーパス、萌えました。
あれ、好き!
(60過ぎのジジイに言われて嬉しくないだろうけど、何度でも言います)
好き、兵さん、好き好き!
逆転勝ちという負け試合覚悟のメンタルにとっては、最高の試合結果であったわけです。

そしてここでどうしても言わなくてはならないことが・・

すべてのコンサドーレの勝利を信じて応援されていた皆様に深くお詫びいたします<(_ _)>
メンタル弱くて申し訳ありませんでした。


でも一つだけ興味があって、札幌ドームに詰めかけた人に挙手で聞いてみたかったんです。
コンサが勝つと思う人、挙手!
東京が勝つと思う人、挙手!
ってね。
東京が勝つっていう人が多かったと思うんですけど、そういう人が多かったからこそ逆転後、後半の30分間の応援ボリュームがすごかったんじゃないか。
そんなことを考えます。

初めから諦めてちゃダメですね。
あらためて勉強しました。
自分のメンタルはそう簡単には強くならないと思いますが、とにもかくにも「たたかわなけりゃ、何も始まらない」
これだけは確かだし、「何が起こるかわからない」っていうがスポーツの魅力だってことも思い出しました。

それとtwitterで話題になっていた #蝗活(イナゴの活動。略してイナカツ) タグ
FC東京サポは道内各地に行って、爆食いのようにあちこちで色んなもの食べていたんですね。
脅威の“メシゲリラ”、“度を越したフードツーリズム”!!
イケメンゴリラもいるFC東京が、メシゲリラも展開するってこと初めて知りました。
中には稚内や釧路、根室まで足を延ばしたつわものもいるようです。
北海道を堪能し切れていないので、来年も来るからJ1に残れ!
これって嬉しいですね!
自分の為だけじゃなくて、相手からもJ1残留が求められている、っていうのは新たな発見です。
ひょっとしたら今年のJ2クラブサポーターは北海道に来られなくて寂しいかもしれませんが、どうぞJ1へお越しくださいませ!



ところで次戦はカップ戦で清水と。
トッくんもジュリも試合で少々痛んじゃったし、永坂も痛めちゃったみたい。
怪我明けの田中も早坂も無理はしてほしくないし、荒野くんだって無邪気に中3日というわけにはいかないでしょう。
そうなるとカップ戦には誰が出るのか。
ユースから2名、2種登録されましたけど、非常事態宣言のような厳しさです。
決してやたらに二兎を追うことはしないでしょうけど、どうするんでしょうかね。
リーグ戦次節も川崎相手で大変ですが、奈良ちゃんがコンサに戻りたくなるような試合ができれば良いと思います。


久々の投稿がちょっと後ろ向きな話ばかりですみません。
コールがゴールにつながるように、
ネガるが願いにつながるよう、小心者なりに応援頑張りたいと思います。

ではまた。

04

Category: 日記

Tags: ---

Comment: 0  

いそん or いぞん
通勤の行き帰りではよくラジオを聞いています。
以前はCDやMDなんかで音楽を聴きながらの運転が多かったのですが、最近はもっぱらラジオ派になっています。

そのラジオもFMよりAMのことが多くなってきました。
別に音楽が嫌いになったわけではないのですが、音楽よりも人の話す声のほうが心地良く感じているのでしょうか。
快く感じる周波数域が100Hzから高くても1KHzになったんでしょうね。
昔は20Hz~20KHzを幅広く聞き分け、ドンシャリっていうのも好きだったんですが、きっと着実に耳の方も老いているようです。

AMではわりとニュースが流れることが多く、その中で最近気になる言葉があります。

依存

みなさんはこれをどのように読みますか?
「イソン」それとも濁って「イゾン」

自分は濁ってイゾンと読んでいました。
ラジオのニュースで薬物イソン、ギャンブルイソン、パチンコイソンなんて読まれると、なんか違和感を感じてその度にガクッとしちゃったんです。
昨日も車の中でガクッとしちゃったんですけど、自分の読み方は絶対に正しいんだ!なんて思ってばかりいると、梅○富○男みたいになっちゃうので、いつものように調べてみました。

結果を言っちゃうと・・・
イソン でも イゾンでもどっちも正しい。
ただニュースなどで読むときには、イゾンと読むと、漢字の「異存」が想起されるのでそれを防止するためにあえてイソンと濁らずに読むことを意識している。

そんな感じでした。
自分では依存のつもりでも、相手には異存と伝わっちゃわないように。
心遣い、心配り好きです。
勉強になりますね。



さーて今夜はマリノス戦です。
仙台戦は惜しいところで負けちゃったけど、今夜はどうでしょうね?

コンサポ全員がコンサの今季初得点、初勝利、勝ち点3ゲットを願っていることはイゾンのないところでしょう。
自戒を込めて書いているのですが、マリノスに勝つことは相当難しくて、相手がまさかっていうようなミスをしてくれないと、とか、相手がこっちの弱さに気を緩めたすきに、とか、勝ち点1が最高の結果、とか、相手の戦い方や失敗にイソンして勝ち点をかすめ取る、とか。
そんなこと考えてる人いないでしょうか?

ごめんなさい。
ついさっきまでの自分がそうでした。
この1週間、過去の戦績やこの間のマリノスの試合を見たりすると、どうしてもこんな考え方になっちゃったんです。
本当にごめんなさい<(_ _)>

言葉の読み方について調べながら、自分もニコチンイソン症ですから、イソン症についてもちょっと勉強してみたんです。
イソンする原因はいくつかあるのでしょうが、その中で心に残ったのが「辛いことから逃げるから依存する」
逃げるは恥だが役に立つこともありそうですが、逃げるとイソンにつながることもありそうです。

イソン症克服を調べてみるとやっぱり出てきた セロトニン

バナナ、チョコレート、マメ、豚肉を食べながら、日光にあたって、スクワットみたいな単純運動をし、日記を書く。
こんなことをするとセロトニンを増やせるみたいです。

ブラジル料理のフェジョアーダを食べ、太陽の下で体幹トレーニング。そして一日の終わりにブログを書いて振り返り。

こういう生活で、相手の動きにイソンするんじゃなくて、自分のやってきたことに自信を持ちながら勝利する!
こんなことが今年のJ1生活を楽しむためには必要なのかも。
相手の出方がどうのこうのじゃなくて、自分たちの戦い方をどこまできちんと貫くか。
そんなことを今日の試合では見てみたいと思います。


さ、今日もやることちゃんとやって、夜の試合では応援頑張りましょうね。
ちなみに自分へのバースデイゴールも楽しみにしています。

25

Category: 日記

Tags: ---

Comment: 0  

がまんすることの訓練
NYC
職場で仕事しながら音だけ観戦しました

ネットにさえつながれば、どこでも見られるのがDAZN観戦の最大の魅力っていうのを実感しますね。
スカパー時代にもオンデマンドがありましたので、どこでも見られるっていうのは前からあるんだよってことになりますが、手軽さっていうかそこが違うわけでしてね。
新しいシステムもなかなかいいもんです。

結果については触れませんけど、サポーターにとってはJ1リーグ戦観戦の良いトレーニングになったと思います。

J1コンサとJ2千葉のたたかいと言っても圧倒的な力の差があるわけでもなく、どちらかというと昨日までハードな練習をして体的にも相当大変な状況だし、トッくんもちょっと痛んじゃったようだし。
1戦目は琉球に負けちゃったので、いくらトレーニングマッチだって2敗っていうわけにはいかんだろう!っていう千葉のモチベーションもあるし、音からの判断ですがコンサは相当攻められてました。
でもJ1リーグシーズン開幕後は毎回、こういう感じで相手に攻め続けられ、必死に耐えながら一つか二つしかないような少ないチャンスを狙うっていう戦い方が想像できるんですよね。

今日みたいなシチュエーションがJ1では毎試合ですよ、奥さん。

そりゃ勝たちいですよ。
相手はJ2なんだから、とか
新しく入ったJ1経験者が全員先発だから、とか
優勝賞金300万円もらえんだから、とか
いろんなこと考えても、勝ちたいですよ。

NYCで勢いつけてリーグ戦ではスタートダッシュだ、なんて無責任に言うことはできるんです。
でもJ1残留という最低限の目標を勝ち取るためにどういう現実的な戦いをするかってことを考えるとリーグ戦の2/3は我慢して耐えるってことになるんじゃないでしょうかね。

我慢することができなくて、いつになったら勝てんだよ、点取り屋連れて来いよ!守れないなら出んな!勝つ気あんのか!みたいな鬱憤をはらすような言葉がでてきちゃう。
そうなると「一体感」も「チャレンジャー精神」なんてどっかに吹っ飛んじゃい、降格っていう現実にただ恐怖感を持つだけどチームになっちゃう。
これが過去の降格時の精神状態のような気がします。

今日の試合みたいなことがこれから年末までずーっと続くんDAZN
今年は我慢することが一番大事だと思ってるんです。


堅忍不抜

どんなことがあっても心を動かさず、じっと我慢して堪え忍ぶこと。意志が強く、何があっても残留という目標達成のため心を動かさないこと。

っていうことをサポとして学んだような気がします。



金やん、目の手術して良かったね。
いろんな‘ヨミ’も冴えるんだね!

ユーヤのヤラカシ癖は残ってるみたいw

23

Category: 日記

Tags: ---

Comment: 0  

初DAZN観戦
職場の除雪契約。
積雪10cmで除雪車が入ることになってるけど、1日5cmずつ雪が降りそれが2日続いても除雪が入らず、自分で除雪しなきゃなんねーのかよ。
ってことにブツブツ文句言ってるchoroです。

ニューイヤーカップ沖縄ラウンド。
ついに始まりましたね。
amazon fireTV経由で初DAZN観戦、初体験でした。
スカパーと同じように10分前から始まるのかなと思い、チャンネルを合わせます(←古い表現ですねw)
実際に放映が始まったのは5分前。
解説はみうみうの担当ですね。
久々にみうみう節が聞けてちょっと嬉しいっす。
カクカク放送にならないことだけ祈りながら、琉球-千葉戦を観戦しました。

有線でつないでいるので、うちの回線速度は問題ないはず。
でも念のためと思って速度を調べてみると常時30Mbps/sは出てるみたいなので大丈夫そうです。
ちなみにスマホの回線速度は3~4Mbps/s
無線LANでスマホ観戦だと、標準画質対応になっちゃうんでしょうね。
そのままスマホの小さな画面で見るのならばそんなにアラは目立たないのかもしれませんが、それをTVに出力して見たら画質の悪さに閉口しちゃうかもしれない。
そんなことを感じます。

ブログやSNSでDAZNの画質が映画みたいにツルっていう感じに見えるっていうのがありましたが、自分も違和感を感じました。
以前、水戸黄門がビデオ撮影になって、映画みたいに見えず、逆にホームドラマみたいで嫌っていうのがありましたが、まったくその逆ですね。
リアルタイムでストリーミングを見ているのですが、なんか臨場感にかける。
ひょっとしたら生観戦の良さを意識させるたくらみかもしれませんが、できれば動画のフレームレートを上げてほしいもんです。
でも単純にフレームレートを上げるとデータ量が格段に増えてしまうので、通信料の問題が出てしまって難しいかもしれませんね。

試合の方は琉球のアグレッシブさ、千葉の新入団選手の多さによるグタグタ感。
風のイタズラによるオウンゴールなど、現在の環境でも十分に楽しめるものでした。
ハーフタイムのクラブ応援コーナーがなかったり、ホームチームスポンサーのCMがなかったり、スカパー時代にはあったものがないことでちょっと寂しさはありましたけどね。

試合中の放送は特にカクカクすることもなし。
途中で2回だけ0.何秒か画像が途切れましたが、すぐに復帰しましたので問題なくTV観戦できました。
見逃し配信も試合終了後30分後に何気なく繋いでみるともう見られる状況でした。
でも今まで試合を録画して、あの場面をもう一度とか、あの場面を繰り返しとか、っていうことで何度も楽しんでいた人は早送りや巻き戻し(←これもひょっとして死語?)にイライラするかもしれないな。

自分はfireTVを使ってみたので問題ないと感じましたが、うまく見られなかった方は次のことを確認してみるといいのでは?

1.無線LAN接続だったら有線にしてみましょう。
2.接続速度を計ってみましょう
 測定サイトは DAZNヘルプにあるサイト https://fast.com/ja/ を使用してみてはどうでしょう。
3.回線はこれを契機に 光回線にしましょう。
 ADSLは2~3Mbps/sなので辛いと思いますよ。
4.PC経由の時は、OS、ブラウザの相性がありそうです。
 Internet Explorer、Chrome、Firefoxなどありますが、パソコンとの相性などありそうなのでそれぞれ試すことをお勧めします。
5.PCからTVに出力した画質が悪いと感じるとき、グラフィックプロパティの設定をし直すと問題解決する時もありそうです。

いずれにしてもカクカクする、途切れる、画質が悪い、音が出ない、音が小さいなど問題があるときはネット回線、デバイスの設定など見直しながら一つひとつ問題解決していくっていうことが必要ですね。
スカパー含めてTVの時は、TVにチューナーを接続し、アンテナ線をチューナーにつなぐってことをやれば放送が見れたってことですが、ネット配信だと回線種類、回線速度、PCのOS、ブラウザ、デバイスの設定なんかが必要ってことですね。

これにPCだとアップデートがきちんとされているか始まって各種設定の見直し、とか、時によってはルーターの設定まで見直さなきゃなんない、とか、ファームウェアのアップデートが必要とか言われたもんにゃ素人はお手上げ。
コンサの試合見るためにスマートTV購入になっちゃったなんてこともあるんでしょうね。

ネットって便利なようで使いこなすためにはまだまだ色んな知識が必要で、私自身も困った時はググりながら歩を進めているわけです。
以前は簡単に見られたのに、今度はチョー面倒くさいと思われるかもしれません。
コンサにも配分金が何億か入るということなので、サポもちょっとだけ我慢して、ぜひチャレンジしてみましょう。
あきらめたらそこで終わりです。
是非頑張っていただきたいと思っています。

それから試合はやっぱり生が一番なので、ホーム試合は是非スタジアムに行きましょう。
ドームでもフリーwifiが始まるようなので、DAZN解説を耳にしながら、目で生の選手を追う、なんてこともできるじゃないでしょうか?

新しいことに早く慣れて、新しい愉しみを増やしたいな、と思う前向きなchoroでした。

(以下はブラックchoro)
光回線、最大で100Mbpsなんて宣伝文句あっけど、そんなスピードみたことねーわ。
部屋の隅々まで電波が届くwifiルータって言うけど、家庭用だと電波の出力制限あるからそんなに強いもの作れるわきゃねーだろ。
将来フルHDかひょっとしたら4Kなんかも考えてるかもしれないけど、ネット回線のインフラ整備がもっと進まなきゃね。
事実、職場周辺の地域だと回線速度が極端に遅いことあるんだし、通信会社はわかっていても何にもしないし。
毎月第2水曜日のwindows一斉アップデートの時は仕事が止まりそうになるもんね。
パスワード1回だけ入れなきゃなんないけど、覚えなきゃいけないPWまた増えたじゃねーか。
やっぱ録画してチュルチュルしながら見直したいって人いるだろうな。
デジタルはいいとこいっぱいだけど、アナログがやっぱり人間の感覚にはあってるのかね。

かーちゃん、DAZNの見方わかったか?amzonのプライムビデオ見まくってるんだから、いい加減DAZNも覚えろよ


したっけ、またね。